適職診断で大成功

適職診断を行うことで、あなたに合った職種が見つかるのはもちろん、自分で気づかなかった長所や短所なども分かるので、転活がスムーズ

適職診断とは

適職診断という言葉は、転職サイトのホームページを見るとよく出てきますが、適職診断とは一体どのようなものなのかお分かりですか?

あなたが学生時代から憧れていたお仕事に就くことができて、今もそのお仕事に満足して意欲的に取組んでいるのならば、それは一番ハッピーな状態ですから何も言う事はありませんが、残念ながら多くの人はそうではありません。

現在のお仕事に何となく不満ややりがいの無さを感じながら、ただ漫然とお仕事を続けている方も多いと思いますが、これは自分にとって大変不幸です。

適職診断は、そのような多くの人に「自分の進む道はどこなのか」ということを考えて頂くための診断です。適職診断では「その人の性格」「ものの考え方」「その人の価値観」などを客観的に判断して、自分に合ったお仕事をみつけてもらう事を目的としています。

ですから、転職サイトなどで適職診断を受けた場合、カウンセラーから「あなたはこのお仕事が向いています」と、具体的なお仕事の内容を提示してもらえるものではありません。

あくまでも、適職診断の結果からあなた自身が納得して、自分の進む方向性を決めてもらうのが目的で、転職サイトのカウンセラーはそれをお助けします。

適職診断で大事なのは、自分をありのままに出すことです。適職診断は多くの場合、用紙に書かれたかなりボリュームのある質問に、○×で簡単に答えて行く形式を取っていますが、この質問はあまり深読みしたり、意識して格好を付けたりしないで素直に答えるのが大事です。

変に考え過ぎて、普段の自分と違った意図的な答えをすると、矛盾した結果が出てしまい、何のための適職診断か分からなくなってしまいます。

適職診断を受けるタイミング

適職診断は、あなたが次のような悩みや不安を持った時に、それを解決するためのヒントを与えてくれます。

その悩みや不安というのは「新しい事にチャレンジしたいが、自分にはどんな仕事が合っているのだろう?」「自分の個性を生かせる仕事ってなんだろう?」「やりたいことは分かっているのだが、それをうまく人に伝えることができない」等々です。

このような悩みや不安は、1人でくよくよ考えていても何も解決せず、その内だんだん気が滅入ってきて、お仕事に対する意欲が無くなり、毎日をただ惰性だけで送るようになってしまいます。

適職診断というのは、その中に精神学に関する部分も取り入れていて、単にその人の職種に対する適性を診断するだけでなく、その人が自分でも気が付いていない内面も示してくれます。

つまり適職診断は結構学問的な訳です。適職診断を受けることで、あなたは自分の特徴や傾向、さらには優れた点、改めなければいけない点などをみつけて、自信を持って今後のキャリア形成に取組むことができるようになります。

世の中には、多くのビジネスマンがいますが、その中で全く悩みや不安を持っていない人というのは、多分全くやる気の無い人か、さもなくばただのアホだと思います。

悩みや不安を持っているのは、決して恥ずかしいことではありません。

適職診断でわかること

適職診断では、まずあなたの特徴が分かります。特徴と言っても、あなたの顔や身体つきの特徴ではなくて、あなたの「性格」「価値観」「興味を持つ方向」「持ち味」「長所と短所」など、あなたという人間の概要です。

あなたがどのような場面で、動機付けられるのかがわかります。これによって、あなたがどのような職種に就けば一番実力を発揮しやすいのかが分かるので、転職の際の会社選びの参考になります。

また、あなたがどのような場面で、どのような行動を取るのかといことも分かります。あなたが会社という組織の中で、どのような行動を取りやすいのか、それがあなたにとって良い方向に向かうのか、それとも悪い方向に向かって、組織の中で浮いた存在になるのかなどが分かります。

もちろん、あなたの適職も分かりますので、今後あなたがどのような道を進むのが、一番キャリア形成に良いのかを判断する材料になります。

もし、あなたが転職を決意して転職サイトで適職診断を受けた場合は、カウンセラーはこの適職診断の結果を踏まえてあなたとよく相談をしながら、求人企業の中からあなたに最も適していると思われる企業を選び、あなたに紹介します。

適職診断は職種の幅を広げる

適職診断によって、自分の職種を広げる事ができ、それによって年収アップを図る事が可能になります。

例えば、あなたがいま某電子機器メーカーで設計のお仕事に従事しておられると仮定します。適職診断を受けてみたところ残念ながら、あなたの設計技術者としての評価はあまり高くなく、設計技術者として転職しても年収は横這い程度との査定になりました。

ところが、その適職診断を受けた転職サイトに、あなたのお勤め先とほぼ同業種、同規模の企業から、電子機器の技術的知識のあるセールスエンジニアの求人がきていて、もしそちらの職種で転職するのならばかなりの年収アップになるという話を、カウンセラーから示されました。

このような技術の分かる営業マンのニーズはよくあります。特に、一般消費者ではなく、工場で使う設備機器を販売しているメーカーや、商社などの営業マンは、売り込みの相手が技術者ですから、技術的知識のあるセールスエンジニアでなければ対応できません。

ですから、設計技術者としてのあなたには魅力がなくても、セールスエンジニアとしてなら、充分魅力のある人材ということになります。

もし、この求人に応じてあなたが転職したとすれば、あなたは営業もできる技術者として、新しいキャリアが形成され、設計技術者以外の新しいキャリアが形成されます。

この例のように適職診断には、あなたの別な職種での可能性を示唆する効果もあります。