転職を考えたら

転職の準備は誰にも言わずに進め、同時に自分のキャリアの確認を

退職の準備は水面下で黙って行う

退職は自分の決意がしっかり固まるだけでなく、具体的な転職先の目途が立つまではあなたひとりの胸に収めて、他の人には決してもらさないように気を付けてください。

特にもらしてはいけないのは、会社の同僚や取引先の人など、現在のお勤め先の関係者です。会社の関係者に退職をもらすと、大抵の場合それは社内の噂になって、しかも「そう言えばあいつは以前俺と飲みに行った時、こういう不満を言っていた」などと話に尾ひれが付いてしまうことがよくあります。

そうなれば、あなたの転職活動が例えうまく行かなくても、引っ込みがつかなくなって、転職先も決まっていないのに退職せざるを得ないという、最悪の立場に追い込まれてしまう可能性があります。

転職活動に一番良い環境とは、今のお勤め先には悪いけれど、今のお勤め先で給料をもらいながら、焦らずにじっくりと転職先を探すことです。世の中とは変なもので、例えどんな立場になったとしても、あなたという人間は変わらないのに、現職の方が価値が高くて、失業中の人は何か一段低い場所にいる人のように扱われます。

ですから、転職活動中の収入を絶やさないためにも、退職は転職先の内定がきちんと貰えるまでは決して他人にはもらさず、もし転職に失敗した時は次の転職先が見付かるまで、素知らぬ顔で現在のお勤め先に在籍できるようにしてください。

奥さんなどの家族にも、転職先の目途も立たないうちに、あなたの退職などを話しても心配を掛かけるだけですから、やはり転職先の条件などを具体的に話せるようになるまでは、黙っていた方が賢明です。

退職の決意は上司の前に同僚には話さない

退職は、上司に正式に申し出て、退職が正式に承認されるまでは、親しい同僚にも決してもらさないように注意してください。

これはとても大事で、普通どこの会社でも退職をする場合は、まず直属の上司に申し出て、その上司が人事部などへ、あなたの退職の意思を伝えるようになっています。

ところがあなたがついうっかり親しい同僚に自分が退職するつもりだという事を話してしまって、それが上司に退職を伝える前に、社内に広まってしまった場合、上司は面子を潰されるだけでなく自分の部下に対する管理能力を問われかねません。

そうなった場合プライドの高い上司や、日頃からあなたとの折り合いが悪かった上司などの場合、意地になっていろいろ嫌がらせをされたり、最悪の場合は折角内定したあなたの転職先に対して、転職を妨害されるおそれがあります。

転職先の会社は、あなたが今のお勤め先を退職する時に、トラブルを引き起こすことをとても嫌います。ですから、あなたが今までのお勤め先を退職する場合は、やはり気持ち良く上司や同僚に送られて円満退職する事が大事ですから、退職を上司に正式に申し出て承認されてから同僚には話す様にしましょう。

親しかった同僚からは「お前は水臭い」などと文句を言われるかも知れませんが、やはり退職をする以上、あなたにとって一番大事なのはこれからの自分の人生ですから、同僚にはお酒でも奢って勘弁してもらってください。

退職は転職先を決めてから

退職は、まず転職先を決めてからにしましょう。退職は、会社が今にも倒産しそうな状況にでもない限り、必ず転職先を先に決めておいてからにしましょう。

例えあなたが、上司からいわゆる肩叩きにあっていたとしても、転職先が見つかるまでは、何だかんだと言いながら今の職場にしがみつきましょう。転職先がまだ決まっていないのに、先に今のお勤め先を退職してしまって、「失業者」と呼ばれる仲間になってしまうのは最悪の選択ですよ。

転職経験が多い人は誰でも知っている事ですが、仮にあなたが非常に高い能力を持った人であっても、あなたがまだ在職中の場合と、既にお勤め先を辞めてしまって、現在失業中の場合とでは、あなたという商品価値は、大きく違ってくると考えておけばまず間違いはありません。

昔から「足元を見る」という言葉があるのはよくご存知だと思いますが、あなたが現在失業中ということは、言い換えればあなたは「無収入」という事でしょう?

経営者は人を雇う場合、誰だって支払う給料はできるだけ安い方が良いのですから、あなたが現在失業中だということが分かれば、「あぁ、この人は多少給料が低くても、入社OKするな」と考えます。

そしてそれは、給料を支払う側の経営者ならば考えて当り前の話で、別に悪質な考えでも何でもありません。ですから、退職をするのは何度も言うようですが、必ず転職先を決めてからという事をよく覚えておいて、絶対に早まらないように気を付けてください。

退職願も出してはだめ

今のお勤め先を辞めようと考えた時は、ちょっと一呼吸おいて、もう一度落ち着いてよく状況を見極めましょう。

特に、あなたが過去に2回以上転職の経験があるならば「これが最後の退職願い!」と考えた方がいいと思います。

今の企業は、昔のように転職歴がある人を嫌うことは少なくなっていますが、それも限度があってやはり3回、4回と転職を繰返すのは、引き抜き移籍が当り前の特定の職種や、特別な技術や能力を持った人以外は、経歴上不利になります。

例えば、あなたが現在20代後半か30代前半位の年齢の場合、仮に過去に2回転職歴があるということは、今まで3つの会社で働き、今度の会社は4つ目のということになります。

この場合、もしあなたが大卒で28歳だったとすると平均2年程度、32歳でも平均3年程度で転職をしていることになり、いずれもキャリア形成には短か過ぎるので、過去の転職はいずれも失敗だったと言わざるを得ません。

転職の度に職種が変わっているような場合はなおさらです。ですから、もしあなたが上記のような条件に当てはまるならば、今度こそは「これが最後の退職願い!」と慎重に考えて転職を決意しないと、今度お勤め先を間違えると、今までと同じようなペースでの転職はこの先困難になります。

その結果は、転職するたびに条件が悪くなるという、典型的なドロップアウト続きの人生を送ることになりかねません。そうならないようにするために、もしあなたが再び転職を決意した時は、今度こそは失敗しないよう、退職願はまだ出さず、慎重に転職先を選ぶようにしましょう。

現在の転職に対する評価は、昔ほどマイナスが大きくないとは言え、やはり短期間で転職を繰返している人は、どんどん評価が下がって行くのは否定できません。「これが最後の退職願い!」と決めたならば、転職先選びは現状でのその会社の採用条件だけでなく、その会社の属する業界、業種の将来性なども総合的に考えて、慎重に転職先を選ばなければなりません。

会社というのは、入社するのがどんなに難しい一流会社でも、退職するのは入社するよりもはるかに簡単ですので、何も慌てて退職願いを出す必要などないのです。

まずキャリアの棚卸をしよう

求人企業に応募する時は、まず応募書類を送って、相手に一方的にあなたの品定めをされる「書類選考」という、最初の関門があります。

この書類選考の関門を潜り抜けなくては、次の段階に進む事ができず、そこであなたは門前払いになってしまいます。そのためには「読んでもらえる」履歴書や、職務経歴書を送る必要があり、中でも職務経歴書の役割が重要です。

中途採用の場合、求人企業はあなたがどこで生まれてどこの学校を卒業したのかよりも、あなたが今まで、どのようなキャリアを積んできたのかという方を重視します。

そのため、職務経歴書のできの良し悪しが、書類選考を通過する決め手になります。この職務経歴書に、あなたのキャリアを時系列的にきちんと整理して記載し、その上求人企業の人事担当者に最後まで読む気を起こさせるためには、それ相応の作り方のテクニックもありますが、それ以前に、あなたが自分のキャリアをすべて把握していないことには、お話になりません。

ですから、転職を決意したら、早速転職サイトのカウンセラーなどの力も借りながら、あなたのキャリアを全て棚卸をして、職務経歴書に書けるように整理しましょう。

それがあなたの転職を成功に導くための第一歩です。